2021/05/19(水) 14:00~/ Zoomによるオンライン開催

株式会社いつも.主催
Amazon戦略カンファレンス
~Amazonの最新動向とメーカーの広告活用事例~



【特別企画のオンラインイベント】
Amazonの成長戦略を決める1日。

 

 

ベンダー・セラーのAmazon活用戦略×広告最前線

広告活用で成長した店舗の取り組み事例から
今後のセール対策・Amazon戦略を共有

 

Amazon 、 Amazon Advertising および関連 するすべて のロゴは、
Amazon.com, Inc. またはその関連会社の 登録 商標です。

 

特別ゲスト登壇

エステー株式会社
事業統括部門 EC事業部
エグゼクティブ エキスパート
松浦 昌司 氏

 

 

開催概要

昨年もAmazonの高成長は続いています。5月以降も「家ナカ消費」の再拡大が予想される中、多くのお客を集めるAmazon活用は必須となります。
一方で、メーカー・ブランド中心にAmazon本格参入・広告投資拡大を検討する企業も増え、Amazon内の競争が激しくなる傾向です。
また、Amazonの広告枠の拡張、配信機能の変化が続く中で、売上の安定成長を狙うためには高度な運営が必要になってきております。
このような背景を踏まえて、ここ半年で成長している企業の戦略・取り組み事例、メーカーが描くAmazon活用戦略、直近の大型セール対応、Amazon advertising活用最前線を共有いたします。

Amazon戦略カンファレンスでお伝えするトピックス

・Amazonの最新動向・広告活用の変化
・広告活用で成長した企業の特徴
・メーカーが狙うAmazon最大活用戦略
・6月・7月のセール対策ポイント  

Amazon戦略カンファレンスの対象者

[Amazonベンダー、Amazonセラーを運営する企業様]
・経営企画担当、デジタルマーケティング担当の方
・EC事業責任者、EC運営マネージャーの方
・Amazonチャネル責任者、Amazon店舗責任者の方

 

[Amazonの店舗戦略・運営に課題をお持ちの企業様]
・ベンダー、セラーの使い分けを再考している
・セラー中心にで独自商品を広めていきたい
・広告投資戦略を見直していきたい
・販売戦略、広告運用の外部委託を考えている

参加概要

講座名

Amazon戦略カンファレンス(200名)

開催日時

2021年05月19日(水) 14:00~16:00(13:55開場)

受講対象

[Amazonベンダー、Amazonセラーを運営する企業様]
・経営企画担当、デジタルマーケティング担当の方
・EC事業責任者、EC運営マネージャーの方
・Amazonチャネル責任者、Amazon店舗責任者の方

会場

【Zoomによるオンライン開催】
Zoomの利用サポートはいたしません

定員/受講料

先着200名/無料

注意事項

弊社と同様のサービス内容をお持ちの企業様の参加はお断りしております。
※お申込み情報よりHP・ECサイト・関連サイトにて確認させて頂きます。

セミナースケジュール

第1講座 14:00~14:50(約50分)

Amazon運営で起きている変化・[新]広告活用戦略の最前線


・ここ半年で起きたAmazon運用と広告戦略の変化
・ブランドメーカーの広告活用最前線
・大型セール直前で取り組むこと



講師




株式会社いつも
Amazon支援グループ グループマネージャー
丸山 晃一(まるやま こういち)



当社のAmazon支援グループの責任者として、グループでサポートする企業の動向およびアマゾンの担当者との情報交換から、Amazonのアップデート・最新機能・広告露出の最前線情報を掌握しながら、Amazon売上改善の戦略・戦術の優先項目の決定を行っている。
自身も大手メーカー、ブランド企業の戦略立案・Amazon運用支援に関わりながら、Amazonの「デジタルシェルフ」獲得に有効な広告運用の最大活用を提言している。

第2講座 14:50~15:30(約40分)

エステーが、Amazonでシェア拡大を狙う背景と重点的に取り組んでいること

・エステーにおけるEC事業の状況
・EC強化に向けて行ったこと、見えてきた課題
・Amazon売上を伸ばすための取組み




講師








エステー株式会社 事業統括部門 EC事業部
エグゼクティブ エキスパート
松浦 昌司(まつうら まさし)氏


1990年P&Gジャパン入社。営業職・人事・営業企画部門等を経験。
2018年エステー株式会社に入社以来、デジタルマーケティングやEC企画事業を担当中

第3講座 15:30~15:50(約20分)

今、Amazonで成長企業の取組み、ブランドメーカーの広告活用事例

・Amazonで伸び悩む企業の課題
・ページ改善、広告活用の最前線事例
・当社のAmazonサービス利用企業の事例



講師


株式会社いつも.アカウントグループ

※調査概要
[経営者が選ぶブランドマーケティング支援NO.1]
[マーケティング担当者が選ぶAmazonマーケティング支援NO.1]
日本マーケティングリサーチ機構 2019年4月期インターネット調査

[ECマーケティング担当者が選ぶEC売上アップ支援NO.1]
日本マーケティングリサーチ機構 2020年4月期インターネット調査

※売上アップ達成率89.2%は、当社Amazon支援店舗の上記5ジャンルにおける、2019年5月と2020年5月で売上比較可能な店舗の平均売上アップ率(2020年7月31日調査)


株式会社いつも.は、Amazon広告の運用サポートを行っています。

 
 

Amazon、Amazon Advertising および関連するすべてのロゴは、
Amazon.com,Inc またはその関連会社の登録商標です。

 

以下に該当する方はお申込みいただいても参加をお断りさせて頂きます。

・弊社と同様の事業内容・弊社提供サービスの利用が想定されない企業様
(WEB・EC関連サポート、コンサルティング、運営代行、WEB制作、フルフィルメント、システム開発、ECプラットフォーム・メディア運営、広告代理業務、リサーチ業務、各種マーケティングサポート等)を実施されている法人及び個人
・ネットショップを運営されていることが、弊社にて確認できない場合
(サイト上に公開している情報で判断させていただいております。)
・自社でネットショップを運営されていても、サイト上などにて弊社と同業の事業内容を明記している法人及び個人
・法人ではない個人の方(開業予定の方を含む)

 

※前回、満席となっているイベントです。お早めにエントリーください。