2020/10/07(水) 14:00~/ オンライン配信

現在、Amazonを利用するユーザーが着実に増えている状況です。また、Amazonセラー・ベンダーを活用する企業も増えております。そのような状況下でAmazon内の一等地である検索表示の上位を獲得することの 難易度が高まってきます。

今、Amazon内の検索表示一等地「デジタルシェルフの上位表示」を獲得するためには、ページの最適化と広告を正しく運用しなければいけない状況になっています。
 

 

 

 
 
 

メーカーの担当者・経営者様が効率良く売上を上げる店舗を作るためにまずやるべきことは、

 
 
【現在のAmazonのルール踏まえた課題の把握】
【Amazonの売上対策で出来ることの把握】
【プロレベルの施策を継続的に実行】

 

 
 

上記の3点になります。
本説明会では、Amazonで売上を伸ばしている企業の取組と当社のAmazon支援サービスと導入企業事例をご説明いたします。

 

今、Amazonの売上で差がつく箇所は広告運用です

現在、Amazonの広告運用は他のモールと比較しても構造が複雑化しており
どのように運用をすることで売上を最大化出来るのかを把握するのが難しいというお声をよくいただきます。
集客という企業様が抱える課題を一番スピーディーに解決する「広告運用」について
基本的な動向を理解し、ページ改善+広告運用にてAmazonを活用してEC事業拡大を目指してください。
広告運用を効果的に行うことによりアクセス数を増やして売り上げ拡大が可能です。

 

広告運用でアクセス数を増加させることにより、売り上げ拡大。
また、自然検索順位のUPやランキング上昇といった効果も見込めます。
Amazonでは、売りたい商品が検索結果の1ページ目に表示がされるかどうかが店舗の売上に大きく関係してきます。
そのため、効果的な広告配信を行い、自然検索結果の上位表示を狙っていくことが売上拡大に必須の項目となります。
 



 

多くの経営者様は「Amazonでの売上アップ」するためには広告運用において、
なにかしらの施策を実行しなければいけないと考えております。
しかし、そこには通常の運営業務だけではなく、プラスの工数が発生します。

☑ 広告運用を始めたいがどこから手を付ければいいのかわからない
☑ 広告運用を行っているが、最近売上が伸び悩んでいる
☑ Amazonの重要性はわかっているが対策する時間がない
☑ 日々の運用で広告露出以外の対策をしていない
☑ 広告の運用を行っていて無駄に広告費を消化しているのではと不安



このような悩みでアクションが思うように起こせていない経営者様はすごく多いです。
 
自力でAmazonを運用するとなるとなかなか難しいかと思いますが
弊社の運用ではAmazonで必要な施策を網羅することが出来ます。

こんな方におすすめ

Amazon店舗の売上を広告活用しながら伸ばしていきたいと考えている
メーカーのブランドマネージャー、EC事業の経営者・幹部・責任者向けです。



・秋冬の「家ナカ消費」拡大を見据えてAmazonを積極活用したい方
・メーカー・ブランドとして、Amazon本格活用したい方
・現在、思ったように集客・売上が伸ばせてない方
・Amazonセラーのページ+広告活用の施策を確認したい方
・Amazon拡大に向けて、運用の外部委託を検討している方


※Amazonへ出店されている店舗様限定の説明会となります。
 Amazonへ出店されてない店舗様はご参加出来ませんので予めご了承下さい。

この説明会でお伝えすること

本説明会では、以下の内容をお伝えします。
 

・家ナカ消費拡大で、Amazonが強い理由、セラー参入の動き
・今、Amazonで絶対やるべき広告施策3つのポイント
・広告効果を最大化する方法
・一般レベルとプロレベルのAmazon運用の違い・事例
・Amazon広告運用成功事例紹介
・メーカー、ブランド企業が導入する当社のAmazon支援サービス

 

講師

立川20200827

株式会社いつも.マーケティング・研修グループ 執行役員
上席コンサルタント 立川 哲夫(たつかわ てつお)

 

メーカー・ブランドの日本流D2C戦略の提唱者の1人。主に、Amazon、楽天市場、PayPayモールを同時に活用して、ブランドを維持しながら事業拡大を目指す企業に対して、モデル提言、戦略立案、実行計画策定を行っている。 最近は、Amazonベンダー、セラーを持つ大手家電メーカー、コスメブランド、日用品メーカーの戦略立案研修も担当しながら、金融・証券会社の幹部向け研修会も多数行っている。Amazon・楽天を中心とした「デジタルシェルフ」分析の企画・運用にも関わりながら、Amazonの最適運用モデルの導入サポートも行っている。 執筆に関わった書籍『ECサイト[新]売上アップの鉄則119』(KADOKAWA)・『先輩がやさしく教えるEC担当者の知識と実務』(SHOEISHA)・『EC戦略ナビ』(マイナビ出版)・『アマゾンを飲み込め!』(幻冬舎)

参加概要

講座名

Amazonセラー・ベンダーサービス説明会

開催日時

2020年10月07日(水) 14:00~15:30(13:50開場)

受講対象

Amazon店舗の売上を2020年後半に外部委託企業も活用しながら
売上を伸ばしたい企業様向けの説明会となります。


・集客が出来ておらず売れていない
・既存顧客だけではなく新規顧客で売上を増やしたい
・広告運用でどこに手を付ければ良いのかわからない
・効果検証の方法がわからない
・広告運用施策の見るべきポイントがわからない
・露出強化を行っているがセールなどの単発で次につながっていない
・露出強化以外の広告運用方法がわからない
・売れ筋商品を作りたい
・検索エンジン最適化を行っても効果がでなかった
・Amazon広告運用の外部のプロに委託を考えている


※Amazonへ出店されている店舗様限定の説明会となります。
 Amazonへ出店されてない店舗様はご参加出来ませんので予めご了承下さい。
 

会場

【オンライン配信】
※開催の前日営業日に
視聴用URLをメールにて送付します。

定員/受講料

先着40名/無料

注意事項

セミナースケジュール

第一部 14:00~14:45

Amazon運営のプロが行う取り組みと広告活用戦略

・今、Amazonの売上拡大において知っておくべき考え方
・売れている店舗と売れていない店舗の違いを解説
・メーカー、ブランド企業のAmazon広告活用最前線

第二部 14:45~15:30

Amazonセラー・ベンダー支援サービス説明

・Amazonページ改善・広告運用成功事例紹介
・メーカー、ブランド企業が導入する当社のAmazon運用サービス紹介

以下に該当する方はお申込みいただいても参加をお断りさせて頂きます。

・法人ではない個人(開業予定の方を含む)
・弊社と同様の事業内容(WEBコンサルティング、集客代行、WEB制作、フルフィルメント等)を実施されている法人及び個人
・自社でネットショップを運営されていても、サイト上などにて弊社と同業の事業内容を明記している法人及び個人
・ネットショップを運営されていることが、弊社にて確認できない場合(サイト上に公開している情報で判断させていただいております。)

 

お申込みにあたってのご注意事項

・主催者および登壇者の都合により構成・内容の一部が変更となる場合があります。
・最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがあります。その際は、開催2日前までにメールでご連絡いたします。
・自然災害、感染症、講師の急病等の不可抗力により、主催社判断で開催を中止することがあります。中止を決定した場合は、お申込み時にご記入いただいたメールにてご連絡します。なお、中止によって発生した損害等については補償いたしかねますのでご了承ください。
・事前のお申し込み情報と参加者様が異なる場合(※1)は、弊社の判断でご参加をお断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
※1. 事前にその旨をご連絡いただいた場合は、この限りではございません。