セミナーを選ぶ

entry_btn_top.png

通常参加費用3,000円が、今だけ【無料】で参加できます。【先着15名様】まで!

 

【年末年始特別バージョン!】どうなる2018年!? EC物流業界の動向・変化を大予測!

 

EC物流・バックヤード見直しを検討している
経営者様、事業部責任者様、
このような「お悩み」「課題」はございませんか?


  • 出荷件数が多く人件費がかかってしまっている
  • 商品数がすごく多いので外へ出せるものは出して、コストカットしていきたい
  • 商品に応じてDM便やネコポスも使い分けてコスト削減したい

 

さらに

 


  • 受注処理をなくしたり、バックヤード業務を自動化したい
  • コールセンター・受注処理も一緒に委託したいができない
  • 予想以上に物流会社とのやりとりの手間が増え、売上を上げる施策を打つ暇がない

 

まだあります

 


  • 土日、祝日の出荷が出来ない
  • リピート率を高める施策がほしいのに、物流会社から提案がない
  • 事業成長にあった物流構築やサービスがほしいが、物流会社から全く提案がない

 

 

 

いかがでしょうか?
1つでも当てはまったら、【今が物流会社の乗り換え時】です。
本セミナーは、このような「お悩み」「課題」を解決するための役立つ情報が満載です。
ぜひ、経営者様、事業部責任者様はご参加ください。

 

 

 

 

株式会社いつも.物流セミナーの様子1

▲実際のセミナーの様子。史上最年少で「ロジスティクス経営士」の資格を取得した、
フルフィルメント事業部 事業部長の本多が講師を務めます。

 

 

株式会社いつも.物流セミナーの様子2

▲実際のセミナーの様子。皆さん、自社の悩み、課題を解決するために
講師の話を真剣に聴いています。熱意が伝わってきますね。

 

セミナーでお伝えするトピックス

  • 物流の切り替えで失敗しない10のポイントとは?
  • 物流が絡む EC業界情報「EC物流」 業界の動向
  • 2018年3月末時点のEC事業のバックヤード再構築について
  • バックヤード再構築にむけて実行項目を決める
  • 経営戦略を支えるECの物流戦略とは?
  • EC物流業界の変化~2020年のEC事業規模拡大に向けて~
  • Amazonの強みを物流視点でひも解く
  • EC成長企業の特長~プラットフォームとバックヤード・物流で差がつく~
  • 尖る大手サービスとどう戦っていくのか?
  • 特徴別の通販物流会社分類からみた強み、弱みとは?
  • いつも.がここ半年で非常に多く相談(課題)を受けていること
  • いつも.が年2回実施する物流業界の分析手法とは?
  • フルフィルメントの2極化が進む
  • いつも.が提供するコスメ&サプリメント専用のフルフィルメントセンター紹介
  • EC物流の乗り換えで失敗しないポイントとその選定方法とは?
  • よくある物流委託の『失敗あるある』をご紹介
  • 成功する物流委託の品質向上ポイントとは?
  • いつも.流 フルフィルメントとは?
  • 乗換で失敗しない3つの重点キーワードとは?
  • 1to1接客でリピート率2倍になった事例のご紹介
  • EC物流費は、どこから物流費と【認識】していますか?
  • 成功するフルフィルメント比率の考え方とは?
  • 物流委託のコスト改善ポイントとは?
  • EC物流乗換で失敗しない4つの重要ポイントとは?
  • EC受注処理の仕組み見直しとアウトソースのメリットとは?
  • 受注処理のアウトソーシングを含むバックヤード見直しが必須な理由とは?
  • EC新規参入企業、大手EC企業の活用事を例紹介
  • 月商100万円~オムニチャネル・越境まで対応の次世代物流サービスとは?
 

過去200社以上の店舗様に参加して頂きました。
物流セミナー参加社様の声を一部ご紹介します。

 
スポーツ用品 株式会社melis Japan様「EC物流にスポットを当てた内容は、非常に分かりやすく勉強になることばかりでした。」

 

 

 

コスメ・化粧品 N社様様「物流見直しに良い刺激を受けました。ありがとうございました。」

 

レディースアパレル B社様「EC物流の話ははじめてだったが受注から納品書など梱包の自動化などの話がよかった」

 

不動産・イベント企画 H社様「受注スルーというワードをはじめてしりました。
サービスの効率化がとても大切なことがわかりました。ありがとうございました。」

 

飲食 F社様「具体的な事例や物流をよく理解されている講師の方の説明がとても参考になりました。」

 

衣料・服飾 O社様「概要がつかめて良かった。」

 

買取販売 E社様「フルフィルメント物流の重要性を身近に感じられました。
今一度フルフィルメント率を把握して参ります。」

 

宅配 S社様「昨今の物流事情においては物流費を含むフルフィルメント率を下げる取り組みが
重要である事が勉強になりました。」

 

衣料・服飾 O社様「まさに目の前の業務におわれている状態なので、自動化の提案等、今日学んだことを伝え、
受注~出荷がスムーズにできる様にしてもらいたいと思います。」

 

雑貨 G社様「いかに自社が遅れをとっているかよくわかった。」

 

化粧品 L様「勉強になりました。」

 

ガラス製品 T社様「事例も多くわかりやすかったです。」

 

玩具・雑貨 O社様「サービス向上の為の物流という発想があるという点が新鮮でした。」

 

セミナーでもお伝えする次世代型EC物流サービス
「コネクトロジ」について

 

月間30個の出荷からオムニチャネル・越境まで「切替え無し」でコストも最少で対応

物流
▲実際の物流倉庫の様子。月間30個の出荷からオムニチャネル・越境まで対応が可能です。

コネクトロジは、ECの総合支援を行う株式会社いつも.が、8,400社の支援実績からネットショップ様の課題解決のために作った、「新しい」物流代行の仕組みです。

今までECで物流代行サービスを利用する場合、従来のどのサービスでも解決できない「物流の乗り換え」という課題がありました。

グラフ
▲店舗の成長によって「物流の乗り換え」が発生します。

▼スタートアップ時期
商品数も在庫量も配送数も少なく、1坪いくらという面積単位での契約は多くの場合、固定費として割高になってしまうため、コストの見合う物流サービスがなかなか見つからない。
結果として小規模EC専門の格安な倉庫を使ってスタート。

▼成長時期
販売量や商材の種類が増えてくると、1坪単位の固定費は割安になってきたものの、配送量の急増に対応が追いつかなくなるケースや、商品別のチラシ同梱や会員・非会員で同梱物を変えるなど発送のバリエーションが増えたことで、設備や人員が対応できなくなるケースが発生。
このため他サービスへ引越しを余儀されてしまう。

▼オムニチャネル・越境ECなど新たな要件の発生
ECの進化により、オムニチャネルや越境ECなどの新たな要件が発生。
利用を開始した際には想像もしていなかった要件だったために対応してもらえず、海外向け倉庫を別に契約すると割高になったり在庫の融通がしにくくなったりするため、また新たなサービスへ引越しを余儀なくされてしまう。

▼実際にはこれらの「物流の乗り換え」に伴って業務フロー変更や在庫管理システムの変更までしなければならないケースが多く、それに伴う費用やコスト、手間などがEC事業の見えにくいリスクになっています。

これらの課題を解決するために、全く新しい発想で通販物流サービスを設計しなおしたのが、コネクトロジとなります。

コネクトロジは、事業規模や要件ごとにサービスをラインアップしているため、アップグレードしていくだけで、物流サービスを乗り換えることなく、新たな要件を満たすことも、コストを最適な状態に維持することもできるようになっています。

これは、弊社が様々なニーズを満たす複数の倉庫と提携して、最適な料金体系やサービス内容、システムを共通パッケージ化し、そこに要件の合った複数のEC企業に「相乗り」してもらうことで低コストなのに高レベルのサービスを実現しています。

これまではEC店舗が物流サービス側に物流要件を合わせていましたが、コネクトロジは物流サービスがEC店舗の物流要件に合わせて成長するという、従来とは真逆の発想で作られた次世代型のサービスとなります。



 

講師

本多

株式会社いつも.
フルフィルメント事業部 事業部長
【ロジスティクス経営士】
本多 正史(ほんだ まさし)


東証2部上場小売チェーンで全国物流センター構築後、東証1部上場会社の売上85億の支店にて営業統括責任者としてロジスティクスのシステム構築に携わる。株式会社いつも.では、オムニチャネル対応のバックヤード構築の責任者として、店舗を持つ企業の利益拡大を支援。EC物流の現場からロジスティクスシステム、財務まで幅広い知見を持つ。史上最年少でロジスティクス経営士を取得。最近は中国向け越境EC参入企業に対して、越境ECのプラットフォーム提案やバックヤード構築支援も行っている。

廣川

株式会社いつも.
フルフィルメント事業部
ロジスティクスプランナー


EC運営体制見直し&バックヤード構築・効率化サポートの最前線で活躍中。
丁寧な対応にはクライアントからの信頼も厚い。
化粧品、サプリメント、健康食品など単品・リピート系商材の物流支援を得意としている。

大石

株式会社いつも.
フルフィルメント事業部
ロジスティクスプランナー


通常の物流倉庫への出荷業務のアウトソーシングだけではない、モール/カートシステムと受注処理システムの親和性を考慮したシステム導入・受注定常業務の構築・標準化まで対応するバックヤード全体の効率化支援を得意としている。

参加概要

講座名

<商材別事例あり>EC物流乗り換え&受注処理アウトソース成功ノウハウセミナー

開催日時

2017年12月07日(木) 14:00~16:30(13:30開場)

受講対象

月商500万円以上でEC物流・バックヤード見直しを検討している
経営者様、事業部責任者様


・最新のEC物流業者選定ポイントを確認したい方
・通販物流の削減を検討している方
・EC新規参入、EC多店舗で事業拡大を目指したい方
・EC物流見直し、入替えを検討している方
・オムニチャネル、越境EC対応も視野に入れている方

会場

【CIVI研修センター 新大阪東】
大阪市東淀川区東中島1-19-4
新大阪NLCビル
※ビル1階の掲示板にてセミナーが開催される部屋をご確認ください。

・JR新大阪駅 東口 徒歩1分
・地下鉄御堂筋線 新大阪駅 徒歩5分
大阪会場アクセス地図はこちら

定員/受講料

先着15名/無料

注意事項

ご自身でネットショップを運営されている法人向けのセミナーとなります。
以下に該当する方はお申込みいただいても参加をお断りさせて頂きます。
・法人ではない個人(開業予定の方を含む)
・弊社と同様の事業内容(WEBコンサルティング、集客代行、WEB制作等)実施されている法人及び個人
・自社でネットショップを運営されていても、サイト上などにて弊社と同業の事業内容を明記している法人及び個人
・ネットショップを運営されていることが、弊社にて確認できない場合
※御社がサイト上に公開している情報で判断させていただいております。
なお、業務提携等のご希望は随時受け付けております。
こちらよりお問合せください。

セミナースケジュール

第1部 14:00~14:50

月商500万円以上のEC専業企業が
EC物流乗り換えで失敗しない10のポイントとは?


・物流の切り替えで失敗しない10のポイントとは?
・商材別の物流切り替え成功事例のご紹介
・特徴別の通販物流会社分類からみた強み、弱みとは?
・月商100万円~オムニチャネル・越境まで対応の次世代物流サービスとは?

休憩 14:50~15:00

休憩

第2部 15:00~15:40

EC受注処理の仕組み見直しとアウトソースのメリットとは?
EC新規参入企業・大手EC企業の活用事例紹介
今、ECの受注処理アウトソースを含むバックヤード見直しが必須な理由


・事業拡大ステージのバックヤード見直し
・いつも.流バックヤード受託サービスの特長
・月商100万企業が1000万規模になった事例
・有名企業のEC参入を支えたバックヤード構築例
・受注処理のアウトソーシングを含むバックヤード見直しが必須な理由
・事業拡大ステージに沿ったバックヤード見直しとは?

第3部 15:40~16:00

次世代型EC物流サービス「コネクトロジ」の紹介と活用ポイント

・次世代型EC物流サービスが必要な背景
・「コネクトロジ」の特長
・EC成長とコスト最適化に対応できる理由
・従来型EC物流サービスとの違い
・「コネクトロジ」活用ポイント

コネクトロジについて

第4部 16:00~

EC物流サービス選定相談会

[重版記念企画]セミナー参加者限定の特典
セミナー会場にていつも.の書籍「ECサイト[新]売上アップの鉄則119」を特別価格で販売

いつも. のコンサルタントが執筆(KADOKAWAより出版)
ECの繁盛店が実践している「売れる秘密」を119項目272ページで公開
昨年の発売からEC専門書の中で一番売れ、多くの方にご活用いただいております。
初版分の売れ行き好調につき重版が決定いたしました。
書籍
通常価格:税込2,700円のところ
26%割引の:税込2,000円にて販売

※お支払は現金のみとさせていただきます。
※領収書が必要な方は、セミナー会場にてお渡しいたします。

▼書籍の詳細は下記でもご確認いただけます。
http://itsumo365.co.jp/book.html



■セミナー注意事項
※セミナー参加者様は、受付にて名刺を一枚頂戴しております。
※都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
 内容・ノウハウ・最新事例等のご提供への影響はごさいません。
※キャンセルの際は前日までに、お電話またはメールにてご連絡お願い致します。
※当日30分を過ぎての入場は、セミナー進行によってお待ちいただくか、受付できかねる場合がございます。
※法人向けの内容となりますので個人事業主、開業予定の方はお断りさせていただきます。
※最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。
 その際は、開催2日前までにメールでご連絡いたします。
※天候状況、交通機関、講師の急病等の不可抗力により、セミナー開催を中止することがあります。
 中止を決定した場合は、参加者にメールもしくは電話にてご連絡します。
 なお、旅費交通費等の実費及びキャンセル諸費用については、補償いたしかねますのでご了承ください。

entry_btn.png

開催日一覧

2017/12/14(木) 14:00~/ 東京 entry_btn_sec.png