entry_btn_top.png

 

 


 このセミナーは、

「出荷件数を3倍にした物流・バックヤード構築方法」
「システムを活用した受注業務を効率化する方法」

をお伝えします。


日々フルフィルメント業務について多くのお問い合わせをいただく中で、
経営者様、事業責任者様からは下記のようなご相談をいただきます。

「運賃の値上げが続いているため、業務を見直しコストを削減したい」
「受注件数増加にともない、受注処理にばかり時間がかかってしまっている」
「土日出荷に対応ができない。1日の出荷対応件数を増やしたい」
「ノベルティ・ラッピングなど細かな作業に対応できていない」

そのため、経営者様、事業責任者様に向けた、
企業のステップアップにつながる『先を見据えたバックヤード改善』方法が見つかる
セミナーを開催させていただく事となりました。


このセミナーのポイントは

・無駄な伝票確認を省略して受注処理効率化、出荷スピードアップ
・注文から出荷まで全体をとらえたシステムの見直し

になります。

昨今物流・受注業務の中で「受注スルー率」という言葉が浸透してきています。
「受注スルー率」は、「配送スピードアップ」「人的ミス削減」「コスト削減」に
大きくかかわる言葉です。

しかしながら、「受注スルー率」とは?

と思われる方も多くいらっしゃるかと思いますので、
セミナーでは「受注スルー率とは?」から細かくお伝えさせていただきます。

受注スルー率を上げることにより、今までの受注業務・出荷業務の課題が改善されます。



 

このセミナーでお伝えすること

・EC物流業界のトレンド
・フルフィルメントの考え方(受注~配送までの考え)
・フルフィルメント比率の考え方とは?
・受注スルー率とは?
・受注スルー率を上げる方法
・システムを活用した業務効率化・人員削減の方法
・正しい委託先選定の考え方(物流倉庫をコストで選ぶ危険性)
・マーケティング視点で見るバックヤード
・成長するためのアウトソーシングの考え方
・アウトソーシングによるフルフィルメント改善の成功事例と解説
・成功する物流委託の品質向上ポイントとは?

 

株式会社いつも.物流セミナーの様子2

▲経験豊富な弊社のロジスティクスプランナーが、
ステップアップにつながる『先を見据えたバックヤード改善』をお伝えします!



 

このセミナーに参加して得られること

・出荷件数を3倍にするバックヤード構築方法が分かり出荷量に負けない組織つくりができる
「即日出荷」「土日配送」「ラッピング対応」など企業の成長に合わせて顧客ニーズは
多様化してきます。そんなニーズに応えながら出荷対応件数を増やす方法をお伝えします。



 

・今までの受注処理時間を大幅に削減しマーケティングなど運用業務に注力できる
セミナーのポイントの一つに「受注スルー率」があります。
その他受注スルー率という考えを持ち、自社の現状を把握し、改善する方法をお伝えします。



 

・物流を委託する際の選定ポイントが分かり先を見据えた物流を構築する事ができる
委託先を選定する際に大切な事は、「パートナーとしてふさわしいのか?」を見極める事です。 では、実際にどの様に物流会社を見極めるのか?そのポイントをお伝えいたします。



 

こんな方におすすめ

・運賃の値上げは続くため業務の見直しを検討されている方
・事業成長に見合ったバックヤードを構築したい方
・顧客満足度を上げる為に企業のサービス種類を増やしたい方
・物流だけでなく受注処理やコールセンターも一緒に外部委託したい方




 

過去200社以上の店舗様に参加して頂きました。
物流セミナー参加社様の声を一部ご紹介します。

 
コスメ・化粧品 N社様「物流見直しに良い刺激を受けました。ありがとうございました。」
 
不動産・イベント企画 H社様「受注スルーというワードをはじめてしりました。
サービスの効率化がとても大切なことがわかりました。ありがとうございました。」

 
衣料・服飾 O社様「まさに目の前の業務におわれている状態なので、自動化の提案等、今日学んだことを伝え、
受注~出荷がスムーズにできる様にしてもらいたいと思います。」

 
雑貨 G社様「いかに自社が遅れをとっているかよくわかった。」
 
玩具・雑貨 O社様「サービス向上の為の物流という発想があるという点が新鮮でした。」

講師

松本

株式会社いつも.
フルフィルメント事業部
ロジスティクスプランナー

 

楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗から有名メーカー等、様々な流通形態のバックヤード業務構築を担当。カートや受注管理というネットショップ根幹の機能を最大限活用し、業務を効率化してEC運営コスト削減を得意とする。広告代理店での販促支援や、小売店での販売営業の経験を活かし「マーケティング×IT×物流」という視点から、お店の売上をアップする仕組みを提案。

大石

株式会社いつも.
フルフィルメント事業部
ロジスティクスプランナー

 

通常の物流倉庫への出荷業務のアウトソーシングだけではない、モール/カートシステムと受注処理システムの親和性を考慮したシステム導入・受注定常業務の構築・標準化まで対応するバックヤード全体の効率化支援を得意としている。

参加概要

講座名

[有料]物流・受注で出荷件数3倍、受注処理1/2を可能に

開催日時

2018年11月16日(金) 14:00~16:00(13:30開場)

受講対象

月商500万円以上でEC物流の見直しを検討している
経営者様、事業部長様

会場

【リファレンス新東京ビル貸会議室】
東京都千代田区丸の内3-3-1
新東京ビル地下1階
※会場内の掲示板にてセミナーが開催される部屋をご確認ください。

・JR線 東京駅 丸の内南口 徒歩5分
 京葉地下丸の内口出口5 徒歩1分または出口6連絡
・JR線 有楽町駅 国際フォーラム口 徒歩3分
・有楽町線 有楽町駅 D3 徒歩2分
・千代田線 二重橋前駅
 皇居/二重橋方面改札出口1 徒歩2分
・三田線 日比谷駅 出口B4 徒歩2分
東京会場アクセス地図はこちら

定員/受講料

先着15名/1名 10,000円(税込)
※入金方法は申込完了メールにてご確認ください。
※お支払い方法はクレジットカードのみ(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、PayPal)となります。
※入金後のセミナー参加費返金は致しかねますので、ご了承ください。

注意事項

セミナースケジュール

第1部 14:00~15:00

物流業務を改善する際の考え方とポイントとは

・大手モール系の物流が見据えている戦略とは
・EC物流で失敗しないための重要ポイント
・受注スルーを上げる施策とは

第2部 15:10~15:40

業務改善を成功させた事例・改善点のポイント説明

・成長企業の物流・受注業務の構築事例の紹介
・業務のアウトソーシングを含むバックヤード見直しが必須な理由
・先を見据えたバックヤード構築を実現すための考え方とは

第3部 15:40~16:00

成長に合わせた物流代行サービス「コネクトロジ」の紹介と活用ポイント

・「コネクトロジ」の特長
・企業の成長に合わせて対応出来る物流とは
・従来型EC物流サービスとの違い

セミナー後 16:00~

EC物流サービス選定相談会

セミナー注意事項

ご自身でネットショップを運営されている法人向けのセミナーとなります。
以下に該当する方はお申込みいただいても参加をお断りさせて頂きます。

・法人ではない個人(開業予定の方を含む)
・弊社と同様の事業内容(WEBコンサルティング、集客代行、WEB制作等)を
 実施されている法人及び個人
・自社でネットショップを運営されていても、サイト上などにて弊社と同業の
 事業内容を明記している法人及び個人
・ネットショップを運営されていることが、弊社にて確認できない場合
 (サイト上に公開している情報で判断させていただいております。)
・会場の手配・資料の準備がございますので、お申込み後のキャンセルは
 ご遠慮ください。
・セミナー参加者様は、受付にて名刺を一枚頂戴しております。
 当日は御名刺をお持ちくださいませ。
・都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合があります。
 内容・ノウハウ・最新事例等のご提供への影響はごさいません。
・当日30分を過ぎての入場は、セミナー進行によってお待ちいただくか、
 受付できかねる場合がございます。
・最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがあります。
 その際は、開催2日前までにメールでご連絡いたします。
・天候状況、交通機関、講師の急病等の不可抗力により、セミナー開催を
 中止することがあります。
 中止を決定した場合は、参加者にメールもしくは電話にてご連絡いたします。
 なお、キャンセル諸費用等については、
 補償いたしかねますのでご了承ください。

entry_btn.png