2020/06/10(水) 14:00~/ オンライン配信

コロナショック後も成長が続く
楽天で勝ち抜くための事業戦略セミナー

 

[アフターコロナ]のEC拡大を見据えて楽天市場の取り組みを急いでください。

 

コロナショック後も成長が続く楽天店舗の売上を伸ばしていきたい
EC事業の経営者・幹部・責任者向けです。




 

多くの経営者様は「売上アップ」のためには、ページの見直し、回遊施策、広告出稿、メルマガなど、
なにかしらの施策を実行しなければいけないと考えます。

しかし、そこには通常の運営業務だけではなく、プラスの工数が発生します。



 

忙しくて、施策まで考えが及ばない。」
「やりたいことがあってもなかなか現場で進まない
「売上を上げる手段として広告頼りになってしまっている

 

このような悩みでアクションに移せない経営者様はすごく多いです。

経営者様が効率良く売上を上げる店舗を作るためにまずやるべきことは


「本当のやるべきことの見える化」
「やるべきことをすぐに実行できる環境づくり」

です。

このセミナーでは、人手の少ない店舗が効率良く、無駄なコストをかけずに
売上を伸ばしたのか。事例を交えてお話しします。





 

なぜ今、楽天市場を伸ばしていく必要があるのか

「よく利用するショッピングアプリ」のアンケートによると、
Amazonが75.0%、楽天が53.6%という数値が出ております。
(出所:MMD研究所「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」より)
 


2020年現在、モールで売上を伸ばすためには、特に楽天市場、Amazon、PayPayモールの攻略は欠かせません。

今、弊社でもAmazonのお問合せ内容を聞くと、
「Amazonで本気で売上を伸ばそう」という動きが加速してます。

ただ、楽天会員ID数は1億700万。その多くが、楽天市場でお買い物をしています。
だからこそ、2019年時点での年間国内EC流通総額は約3兆9千億円となっている状況です。
(出所:楽天のIR資料より)
実績を伴う集客力があるモールです。  

楽天の市場はコロナショック後も拡大が見込める

当社がサポートしている楽天市場を持つ企業様のコロナショック中の3月度のアクセス状況をみると
昨年対比が計測可能な店舗平均で、前年比115%程度で推移しています。

コロナショックにより、巣ごもり消費が続いていますが、6月以降もECシフトは続くことが確実な情勢です。

ECシフトの流れを受けて、メーカー系企業含めて楽天市場への参入・投資拡大を狙う企業が増えています。
ジャンルによっては、競争が激しくなる可能性があります。
コロナショック後は、楽天運営のプロ同士の競争になることは確実です。



楽天市場は、一度きりの購入ではなく継続的にリピーターとして購入をしてもらいやすい売り場づくりが可能です。
また、ギフト需要も含めて、単価の高い商品を購入するユーザーが多くいます。
商品の価値を伝えて、ブランドイメージを維持しながら戦略的に伸ばしたいのであれば楽天市場を注力していく必要があります。

楽天市場もまだまだ市場は伸びており、他社でAmazonの動きが加速する中で、
楽天市場の店舗を分析するとやり残したことが多くあります。

 


 

 

このセミナーにご参加いただき、

「今、あなたの店舗がどのような状況なのか」
「何をしなくてはいけないのか」

を見つけてください。




 

このセミナーでは下記の課題解決にお役立ていただけます。

・成功しているショップが、楽天でどのように売上を上げているのかわからない
売上、アクセスが広告頼みになっている
・広告の費用対効果が悪い
・売上に繋がるようなチャレンジができていない
・ショップの担当者の教育ができていない
・スタッフが未経験なので、経営者様の工数が減らない
何をやるべきなのかわからない
・施策を色々実施してきたが、正しかったのか分からない

1つでも当てはまっている経営者さま
このセミナーで課題解決に向けた情報をお伝えします。





 

人手不足のショップが売上を上げるために取り組むべきこと

まず初めに 楽天で売上を上げるために重要なことは、

【やるべきことの見える化】
【やるべきことをすぐに実行できる環境】


スタッフが手を動かしてくれないと売上は上がりません。

どうしたら、あなたが考えていることを担当者がすぐに実行してくれるのか?
どうしたら、あなたがショップの運営から離れ、商品開発や事業戦略を考える時間を作れるのか?

担当者の「やるべきこと、どうやればいいのか」が明確であることです。

やるべきことの見える化

やりたいことは多いが、人員は限られています。

その中でショップの売上を上げていくためには、
スタッフのパワーをすべて 売り上げアップに繋がるものに集中させることです。

「やらなくてはいけないこと」を共有し、優先度の高いものから
確実に実施していくよう仕組化することが大切です。

 

やるべきことをすぐに実行できる環境

やるべきことが分かったら、あとは売上を上げるための施策を
とにかく早く、たくさん実施していく必要があります。

この施策を未経験者でも実施できるようにマニュアル化 することで
スタッフの教育の時間を減らし、
スキルのある人員を増やすことで売上アップが図れます。

「わかって、すぐやれる」仕組化をしたことで、
実際に成果が出ています。
「わかって、すぐやれる」仕組化ができることで
人件費を増やさずに売上アップに繋がるような運営体制に変わります。




 
 
  •  


 

1. 経営者がECの管理をしており、息子が少しサイトを触れるから手伝ってもらっているような会社様
2. 副社長が1人で店舗を運営しており、画像編集のできるスタッフ1人が多業務と兼任しながら商品登録はしてくれる会社様




 

このようにリソースが足りない、スキルが足りない店舗様でも

「わかって、すぐやれる」仕組化をしたことで、
実際に成果が出ています。





 

「今、何をするべきなのか」をお伝えします

今回ご紹介させていただくお客様はすべて大手企業ではありません。

スタッフの人数を増やしたわけでもありません。
残業して業務時間を増やしたわけでもありません。

本やセミナーでたくさん勉強し、毎日忙しくショップを運営しても成果が出ないのはなぜでしょうか?

それは、時間や人手不足などを理由に、「勉強しても、学んだことを実行できていない」からです。

このセミナーでは、精神論や考え方ではなく
売上アップのために具体的にどのようにして時間を作り、
何をするべきなのか、をお伝えします



講師

石井(2019)

株式会社いつも.
コマース支援事業部 楽天チーム
集客ユニット チーフ
 

月商1億円を超える大手企業から中小企業まで幅広くご支援させて頂いております。
モール集客向上チームのチーフとして、楽天・アマゾンのノウハウ開発と業務効率化に携わりました。当日はこれまでの取り組みから培った最新ノウハウをお伝えします。
 

参加概要

講座名

[無料]コロナショック後も成長が続く、楽天で勝ち抜くための事業戦略セミナー

開催日時

2020年06月10日(水) 14:00~15:20(13:50開場)

受講対象

コロナショック後のECシフトを見据えて、
楽天店舗の売上を引き続き上げていきたいと本気で考えている
EC事業の経営者・幹部・責任者向けです。

 

・ECシフトが進む中、楽天市場の強化を優先させたい
・新規顧客は増えているがリピーターが増えていない
・セール時に行うべき施策がわからない
・楽天運営のリソースが足りない、最新動向が掴めていない
・施策の優先順位がわからない
・施策が単発で終わり、次につながっていない
・利益の出る店舗運営をしたい
・売れ筋商品を作りたい
・想定より集客に苦戦している
・人を増やすほどの利益は出ていない
・検索表示の最適化を行っても効果がでなかった
・学んだことを実施したが売上は変わらなかった

1つでも当てはまっている経営者・店舗責任者様
このセミナーで課題解決に向けた情報をお伝えします。

会場

【オンライン配信】
※開催の前日営業日に
視聴用URLをメールにて送付します。

定員/受講料

先着20名/無料

注意事項



※楽天市場へ出店されている企業様限定のセミナーとなります。
 楽天市場へ出店されてない企業様はご参加出来ませんので予めご了承下さい。

セミナースケジュール

第1部 14:00~14:50

・[速報]コロナショック中の3月~5月の動向
・高単価品、ギフト、リピートに強い楽天市場の特徴
・売上を上げ続けるために必要な店舗体制
・売上アップ施策の優先順位
・検索順位を上げるための方法
・検索最適化とRPP広告の関係性と相乗効果について

第2部 14:50~15:20

・ページ制作に取り組む前にやるべきこと
・転換率を上げるページづくりに関して
・巣ごもり消費拡大時、特に重要なスマホページ対策
・売上アップと並行して店舗自体を成長させるためには
・コロナショック後の競争激化に向けて取り組むこと

以下に該当する方はお申込みいただいても参加をお断りさせて頂きます。

・法人ではない個人(開業予定の方を含む)
・弊社と同様の事業内容(WEBコンサルティング、集客代行、WEB制作等)を実施されている法人及び個人
・自社でネットショップを運営されていても、サイト上などにて弊社と同業の事業内容を明記している法人及び個人
・ネットショップを運営されていることが、弊社にて確認できない場合(サイト上に公開している情報で判断させていただいております。)


・都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合があります。内容・ノウハウ・最新事例等のご提供への影響はごさいません。
・最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがあります。その際は、開催2日前までにメールでご連絡いたします。
・天候状況、自然災害、交通機関の状況、感染症、講師の急病等の不可抗力により、主催社判断で開催を中止することがあります。中止を決定した場合は、お申込み時にご記入いただいたメールにてご連絡します。なお、中止によって発生した旅費交通費等の実費及びキャンセル等の諸費用・損害等については、補償いたしかねますのでご了承ください。
・事前のお申し込み情報と参加者様が異なる場合(※1)や1社で複数名ご参加いただいている場合は、弊社の判断でWEBセミナーへのご参加をお断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
※1. 事前にその旨をご連絡いただいた場合は、この限りではございません。


なお、同一タイトルのセミナー申込みはお一人様、一回のみとさせていただきます。お申込み後にキャンセルのご連絡をさせていただく場合がございます。