entry_btn_top.png

当セミナーは、満席締め切りとなりました。



本カンファレンスは、Amazonに出店している、もしくはこれから出店予定で、Amazonで売上を上げたい、事業を拡大したい企業様向けに企画いたしました。

開催概要

アップルに次ぎ時価総額が1兆ドルを超えたAmazon

10月には国内にて、衣類やアパレル製品を自宅で試着してから購入できる「プライム会員」向けサービス「プライム・ワードローブ」を開始したことが発表されました。毎月のように私たちに話題を提供してくれるAmazon。その勢いはとどまることを知りません。 

ほんの4年前は「アマゾンの脅威にどう対応するか」ということが、一つのテーマになっていましたが、現在は、

「いかにアマゾンを活用するか」

「アマゾンを中心として売上をどう伸ばすか」

といったテーマにまで進化しています。

広告事業も活発となり、
「Amazon Advertising」の各サービスにも注目が集まっています。

日本の大手ブランドメーカーは、先行者利益を得るために、いち早く主力品のページコンテンツを充実させて、レビューを増やしながら広告を活用し、売上拡大を狙う動きが活発です。

本カンファレンスでは、
そんな確実に急成長を遂げるAmazonが2019年以降どうなっていくのか、11月のアメリカ視察報告による最新情報をはじめとした、世界のECビッグトレンドや日本のEC動向などを交えて、最新のアマゾンの広告、プロモーション手法をお伝えしていきます。

2019年以降のAmazon最大活用を視野に入れて、ぜひ情報収集と課題解決の場にご活用ください。

※具体的な売上アップの手法、広告の運用方法などをお伝えするものではございませんので、ご注意ください。
上記内容をご希望の方は下記リンクより他セミナーをご確認ください。

  ⇒他のAmazonセミナーを確認する

特にご参加いただきたい方

経営者・マネージャークラスが対象のカンファレンスとなります

  • Amazonを戦略的に活用したい
  • Amazonを売上の柱にしたい
  • Amazonでの取引額が増えない
  • Amazonの動向・最新情報を知りたい
  • 2019年以降のECトレンドを知りたい
  • 最新のAmazon広告、プロモーション手法を知りたい

本カンファレンスでお伝えするトピックス

  • アメリカ・中国視察から世界のEC予測
  • アメリカで見えたEC近未来キーワード
  • 業界データから読み解く日本のECの今
  • 日本のEC動向と2019年の戦略を提言
  • ブランドECが狙う日本のEC成長戦略
  • 大手流通のEC戦略
  • Amazon日本の成長の軌跡と現在の動き
  • 【速報】2019年Amazon日本の重点テーマを解説
  • Amazon広告を理解するためのキーワード解説
  • 最新のAmazon広告、プロモーション手法の解説
  • 日本の大手企業のAmazon活用の動向
  • いつも. のAmazonサポート事例紹介
  • 「Amazonエフェクト」アメリカで確認できたこと
  • 11月のアメリカ視察で見えた日本のAmazonの2年後の姿
  • Amazonの最適活用とAmazon以外のEC拡大ポイント
  • ベンダー・セラーどちらを選ぶ?アカウント数データ
  • 日本企業がAmazonですぐ取り組んで欲しいこと
※上記は予定となります。内容が変更される場合もございますのであらかじめご了承ください。

講師

高木

株式会社いつも.
コマース支援事業部 プリンシパル
高木 修(たかぎ おさむ)

 

上場会社、東証1部上場コンサルタント会社、ベンチャー企業WEBMASTER等を歴任し、株式会社いつも. の上級コンサルタントとして活躍。
大手企業・中小企業問わずEC事業拡大のコンサルティングを中心に、 成功プログラムを多数開発。
アメリカ在住経験もあり、海外ECモデルにも精通し、最低年2回はアメリカ視察を行いアメリカの小売及びEコマースの最新動向も収集して日本での活用を提案している。
IRCEも4年連続で参加しEコマーストレンドの変化を現場視点で捉えて、 クライアントの戦略立案に役立てている。

立川(181018_Amazon用)

株式会社いつも.
グローバルEC事業部 部長
立川 哲夫(たつかわ てつお)

 

ロングセラー!『ECの売れる鉄則119』のメイン執筆者
重版決定!新刊『先輩がやさしく教えるEC担当者の知識と実務』(翔泳社)執筆責任者

ブランド保有企業の事業戦略立案から実行サポートを多数行いながら、ネット経済新聞・月刊ネット販売等の業界紙やECの業界メディアに多数コラムを寄稿。書籍「ECサイト[新]売上アップの鉄則119」の企画・執筆の責任者も担当。 最近は、成長市場として注目されている中国・台湾・米国へ訪問をしながら、ブランド企業のグローバル展開のサポートも行っている。

石井

株式会社いつも.
コマース支援事業部 楽天/Amazonチーム
集客ユニット チーフ
石井 千寛(いしい せんかん)

 

株式会社いつも. のモール系の集客向上をサポートするチームで、主に楽天・アマゾンの検索エンジン最適化、広告運用代行の運用方針や運用管理を行っている。
サポート企業の動向を把握しながら、各モール運営企業の担当者とも定期的に情報交換を行い、中小企業から月商1億円を超える大手企業まで幅広く支援している。

参加概要

講座名

[無料]Amazon Advertising Day for ブランド

開催日時

2018年12月11日(火) 14:00~16:10(13:30開場)

受講対象

経営者・マネージャークラスが対象のカンファレンスとなります。
・Amazonを戦略的に活用したい方
・Amazonを売上の柱にしたい方
・Amazonでの取引額が増えない方
・Amazonの動向・最新情報を知りたい方
・2019年以降のECトレンドを知りたい方
・最新のAmazon広告、プロモーション手法を知りたい方

【ご注意】
最新ノウハウも公開するため、弊社と同業の企業さま(サイト上などにて弊社と同業の事業内容を明記している企業様を含む)の参加はお断りしています。

会場

【御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター】
東京都千代田区神田駿河台4-6
御茶ノ水ソラシティ

・JR線 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩1分
・東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B2出口直結
・東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 出口1 徒歩4分
東京会場アクセス地図はこちら

定員/受講料

抽選:60名/無料

seminar_caution.jpg

注意事項

セミナースケジュール

■第一部 14:00~14:40(40分)

アメリカ・中国のEC動向から日本のEC近未来を予測
2019年以降の成長キーワードを整理して共有


・アメリカ・中国視察から世界のEC予測
・アメリカで見えたEC近未来キーワード
・業界データから読み解く日本のECの今
・日本のEC動向と2019年の戦略を提言
・ブランドECが狙う日本のEC成長戦略
・米国Amazon活用企業 最新データ公開

■第二部 14:40~15:00(20分)

【速報】今、Amazonは日本で何をテーマにしている?
Amazonの日本市場における重点戦略と対応法を解説


・【速報】2019年Amazon日本の重点テーマを解説
・【最新】デジタルシェルフ戦略
・カスタマージャーニー視点で見るAmazonにおけるマーケティング
・日本の大手企業のAmazon活用の事例と動向
・成功事例からみるファンダメンタル最適化手法
・いつも.のAmazonサポート事例紹介

■第三部 15:10~16:10(60分)

【メイン講座】2018年11月アメリカ視察で確認
Amazonの近未来予測
戦略的Amazon活用と今すぐ取り組むテーマを共有


・11月のアメリカ視察で確認できたAmazonを取り巻く動き
・Amazonを中心とした「デジタルシェルフシェア」の概念
・ブランド認知・新規顧客開拓には、Amazonの棚取りが必須
・メーカーの「デジタライゼーション」はAmazonでスタート
・ブランド・メーカーがAmazonとどう向き合うか?を提言
・「Amazonエフェクト」アメリカで確認できたこと
・11月のアメリカ視察で見えた日本のAmazonの2年後の姿
・Amazonの最適活用とAmazon以外のEC拡大ポイント
・日本企業がAmazonですぐ取り組んで欲しいこと

■個別相談 16:10~

個別相談の時間をとっております。

セミナー注意事項

ご自身でネットショップを運営されている法人向けのセミナーとなります。
以下に該当する方はお申込みいただいても参加をお断りさせて頂きます。

・法人ではない個人(開業予定の方を含む)
・弊社と同様の事業内容(WEBコンサルティング、集客代行、WEB制作等)を
 実施されている法人及び個人
・自社でネットショップを運営されていても、サイト上などにて弊社と同業の
 事業内容を明記している法人及び個人
・ネットショップを運営されていることが、弊社にて確認できない場合
 (サイト上に公開している情報で判断させていただいております。)
・会場の手配・資料の準備がございますので、お申込み後のキャンセルは
 ご遠慮ください。
・セミナー参加者様は、受付にて名刺を一枚頂戴しております。
 当日は御名刺をお持ちくださいませ。
・都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合があります。
 内容・ノウハウ・最新事例等のご提供への影響はごさいません。
・当日30分を過ぎての入場は、セミナー進行によってお待ちいただくか、
 受付できかねる場合がございます。
・最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがあります。
 その際は、開催2日前までにメールでご連絡いたします。
・天候状況、交通機関、講師の急病等の不可抗力により、セミナー開催を
 中止することがあります。
 中止を決定した場合は、参加者にメールもしくは電話にてご連絡いたします。
 なお、キャンセル諸費用等については、
 補償いたしかねますのでご了承ください。

entry_btn.png

当セミナーは、満席締め切りとなりました。

同じテーマのセミナー一覧

2018/12/18(火) 14:00~/ 東京 entry_btn_sec.png